敬老の日は何歳からプレゼント、贈り物、お祝いをするのか

スポンサーリンク

年に1回やってくる敬老の日には
普段お世話になっている祖父母に
プレゼントを贈りたいという
優しい方も多いことでしょう。

ただ、人間老いというものは
あまり受け入れたくない厳しい現実であったりします。

スポンサーリンク

老人は何歳からか?

敬老の日の対象となるのは
老人と呼ばれる立場にいるひとになります。

まあ一般的に老人ではなくても
40歳代で祖父母という立場になって
しまうかたもおられますが。

老人福祉法では
老人の日や老人週間に該当する老人は65歳以上と定められていて

世間一般でも高齢者は65歳からを指しますので

65歳が敬老の日にお祝いされる方となります。

ちなみに老人の日というものもあって
9月15日が老人の日となっていたりもします。

敬老の日で祝う対象の人は?

いくら65歳からが老人といっても
老いを素直に受け入れる人はなかなかいなくて

下手にお祝いすると失礼にあたって
しまいます。

一般的に敬老の日に祝いをしてもらえるのは
孫がいて65歳以上になる方

となっていることが多いですね。

それ以外だと70歳いじょうくらいから
お祝いをされているといえます。

お祝いするには?

敬老の日は私のための日だと受け入れているのが
あきらかにわかる方に対しては

プレゼントを贈ってあげたり
旅行や外食に連れて行ってあげたりと

普通のことをしていただければいいのですが
あまり受け入れたくないという方をお祝いするのには
どうしたらいいのでしょうか。

お孫さんがいる場合は
孫のためにいろいろしてくださっているといった
感謝の気持ちを伝えるという方向で
いけばいいでしょう。

敬老の日は避けて
9月前半か終わりくらいに
家族で一緒にご馳走をたべようとかいったことを
するというのは効果的です。

あくまでみんなで楽しいことをするという感じをだして
お祝いするのです。

そうしたら変な感じになるのを防げますし
お祝いも出来るのでとてもいいといえます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る