マイナンバー制度とは何かわかりやすく簡単に解説!法はいつからか。

マイナンバー制度

2015年10月から各家庭にマイナンバーが
届くことになるのですが
この制度についてよく分からない方、
子供に説明しにくい方などのために
簡単にわかりやすく解説してみました。

マイナンバー制度とは何かについて

まずマイナンバー制度とはいったいなんなのかについてですが
住民票を持っている国民一人一人に
12桁のナンバーが配布されることをいいます。

法人には13桁のナンバーが与えられます。

野球の背番号みたいなものが
与えられるといえばよいでしょうか。

一度与えられた番号は
一生変わることがなくさまざまな場所で利用されることに
なります。

野球などでしたら補欠番号からエースナンバーに
なれるというシンデレラストーリーもありますが
このマイナンバーに関しては一生背負わなければ
いけないものですね。

まあエースナンバーも何もないので
そのあたりは安心です^^

何に利用されるのか?

この番号は基本的には
行政諸手続きを効率化するために
使われることになります。

税金の納付状況
さまざまな公的サービスの受給状況

ほかには大災害などに見舞われた人の
身元確認などですね。

名前だけだと同姓同名がいたりして
間違いもおこってしまったりしますが
名前にプラス番号をつけることにより

すばやく個人の特定ができることになります。

パソコンでテンキーを使って
個人情報を引き出せるのですから
業務が効率化されて人件費の削減なんかにもつながり
少子高齢化日本では役立つこともたくさんあるといえます。

いつからはじまるのか?

2015年10月から順次家庭に番号が届くようになり
2016年1月から正式に利用開始となります。

行政手続きをするときには
マイナンバーをもっていかないといけなくなるんですね。

民間企業も2016年1月からは
マイナンバーを取り扱うことになります。

電気、ガス、水道の公共料金や
金融機関なんかでマイナンバーを使えるようになりますね。

証券会社や保険会社等の金融機関でも、
利金や配当金、保険金等の税務処理を行えるようになったりするので
恩恵はあるといえます。

個人番号カード

個人記録カード

あなたの家に実際にどのように番号が届くかというと
通知カードというものが送られてきて

そこにあなたの名前や住所、
マイナンバーが記載をされています。

通知カードも使えるのですが
実際にマイナンバーを役所などで確認するときには
その他書類も必要となってきたりします。

通知カードだけですと
あまり便利とはいえないところがあります。

ただ、個人番号カードというものがあって
そのカードには顔写真がのり、
さらにはICチップも埋め込まれているために

諸手続きをするときには
カードリーダーに通して一瞬で作業完了となり
とても便利なものになります。

個人記録カード

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

2016年1月以降に通知カードをもって申請すれば
無料で個人番号カードを作ることが可能です。

保険証だと顔写真がなくて
住民票が別途必要になるときなんかがありましたが
免許証だと顔写真があり1枚でOKという手続きのものが
ありますが

それが通知カード、個人番号カードに
かわったような感じになりますね。

マイナンバー制度のメリットとデメリット

まとめ

マイナンバー制度について簡単に説明を
させていただきました。

国民一人一人に背番号がつけられたのが
マイナンバー制度であると
一言で言えば説明できるでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る