七五三撮影の写真館の値段の相場。割引で安く済ませる方法

七五三割引撮影
スポンサーリンク

七五三で晴れ姿になったお子さんと
ご両親3人で撮影した写真は
一生残る宝物です。

写真館に行ってプロの手で撮影してもらって
きれいな思い出を残したいところでしょうが
結構値段がかかるというデメリットもあります。

値段の相場や割引で安くする方法を
紹介させていただきます。

スポンサーリンク

チェーン店の撮影の値段の相場

全国チェーン展開をしている
スタジオアリスを見てみます。

一番安い七五三撮影プランで
38,800円(税抜)となっています。

安いというか安物プランであるだけに
ただ写真を撮影してお渡しという感じになってしまい
自宅に飾っておくくらいしかできませんね。

そこに台紙をつけてアルバムっぽくしたりすると
さらに料金がかかることになってしまいます。

多くの方は自宅用のフォトフレームにデジタルアルバム
祖父母に配る四切写真を作成するというところまでしますので
それらがすべて含まれるベーシックプランを選ぶとすると
67,850円支払うことになります。

スタジオマリオの場合は
安いもので37,900円となり
台紙などのオプションをつけると数万円くらい
追加されてしまいますね。

アリスのベーシックプランくらいのものに仕上げようと思うと
プレミアムAセットで72,100円
支払うことになります。

相場は最低でも5万円以上になり
納得のものを作るには7万円前後みていただくことになります。

ちなみに衣装のレンタル代金は無料となっていますが
持ち込み割引といったものもあったりします。

個人写真館の値段の相場

スタジオマリオやアリスの勢力が拡大して
今では街の個人写真館で撮影する機械は
なくなっていたりしています。

どんどん店をたたむということもおこっていますしね。

カメラのキタムラにいったときには
スタジオマリオの撮影まちの子供たちが
衣装を着て走り回っていた姿をよく見たりしましたが
女性のやさしそうなスタッフがいて、内装も子供がよろこびそうな感じで
人気がある理由がよくわかったものです。

個人のところは人もあまりいなくて
入りにくい感じのところも多く
敬遠しがちですが

場所によってはカメラの機能が今より
かなり劣っている時代から腕ひとつで
素敵な写真を撮影しまくったベテランがいるという
魅力があります。

着物などの衣装は撮影用とお参り用がレンタルでき
数はすくないもののモノはとてもいいものがあります。

あとは撮影料金と着付け料金がセットになって
値段は8万円弱となります。

チェーン店よりは高くなってしまいますが
仕上がり具合はぜんぜん違います。

割引で安い値段で撮影する方法

チェーン店では七五三の1ヶ月以上前である
9月終わりまでに撮影すると
数千円割引されるという早割特典が用意されていたり
平日割引があったりします。

あまり早く撮影すると
夏の日焼けが残っていたりするので
早割期間の後半に撮ることになるでしょうが
混雑するし七五三の気分をあまりあじわえなかったりします。

そんなに割引もされないので
メリットは少ないといえます。

ただ、数万円割引できる方法も
しっかりと存在していますのでご安心を。

過去にカメラのキタムラをよく利用していたときがあったのですが
買い物をすると併設されているスタジオマリオの
無料お試し券がもらえました。

そういった無料のものはヤフオクなんかに出品されていたりしますので
実際に見てみたら1000円くらいで落札されているところを
目撃したりもしましたね。

ついでにスタジオアリスの半額権や優待券も見ることになったのですが
そこからヒントを得ることが出来ました。

ヤフオクをつかって割引券を手に入れたら
安くなる!とわかったんですね。

スタジオアリス撮影無料券:8500円前後

スタジオアリス株主優待券:5~6000円

スタジオアリス撮影料半額券:100円前後

こういった値段で割引券が売られています。

これ以上高くなってしまうと
割引の意味があまりなくなってしまいますので
これくらいがちょうどいいかと思います。

子供が関わる大きな行事のあまりない時期を選ぶと
安めに手に入りますね。

ちなみに撮影料半額券は一度撮影すれば
1年有効のものをもらえるために
知り合いで利用したことのある人がいたら
譲ってもらうとか少しお金を払って手に入れるという
裏技もあります^^

まとめ

チェーン店は7万円くらいで
個人店は8万円くらいが相場となります。

特典券をオークションで落札することで
大幅に割引出来ますね。

子供のためにお金はかけたいけれども
無理して生活に支障をきたすのはよくありませんので
うまく割引を利用していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る