七五三の母親の服装で注意すること。洋服か着物?最適な色はなにか。

七五三 母親 服装

七五三の服が必要なのは
子供だけではありません。

ご両親もお参りに行くことになり
写真撮影は家族でおこなうことになります。

いろいろな人がいるなかで七五三のお参りをするのですから
服装選びで間違えるわけにはいきませんね。

お母様の服装について
紹介をさせていただきます。

最適な服装について

七五三のお参りをする親子連れをみていると
みんな結構いろんな服装をきて
バラバラなのに驚かされたことがあります。

着物かスーツだよねと思い込んでいた先入観が
そうさせてしまったのでしょう^^

多様性が求められている今現在ですので
これだという形はとくにないのでしょう。

とはいってもなんでもかんでもいいというわけには
いかないですね。

最低限注意することは
把握しておかないと恥ずかしい親と見られてしまいますTOT

服装は親子である程度統一する必要がありますね。
特にお父さんとお母さんがバラバラの服装をしていると
格好がよろしくありません。

七五三はお子さんが主役となり
親やそのほか兄弟は脇役となりますので
お母様はお子さんより控えめの服装である必要があります。

ほかに気をつけることとしては

・キャミソールなどの肩が出てしまう服装
・セクシーな服装
・膝が出てしまうズボン
・胸元が空くもの
・ジーンズ
・サンダル

こういったものは避ける必要があります。

神社でお参りすることになりますので
神様をびっくりさせないように
しないといけません^^

服装のバランスを「」といいますが
それをあわせることにプラス神社にあった服装をということを
頭に入れておきましょう。

最適な服装

洋服か着物かで悩むとうことは
かなりあるでしょう。

晴れの舞台でありますから
普段は着ることのない着物を着ていこうと
考えるかもしれません。

ただ、まだまだ幼いお子さんと行動することになるため
お手洗いに連れて行ったりと
動き回ることになります。

そうなると着物は動きにくく
着慣れていないのであれば
ストレスもたまってしまって子供に当たると
いったことをしてしまう可能性もありますね。

そうなってしまったら、せっかくの七五三も
台無しになってしまいます。

そういったことから
できれば洋服のほうがいいかなって思います。

洋服となると
ズボンかスカートかでまた悩むことになるかもしれませんが
これも子供の世話が大変という理由で
ズボンがいいかなってところです。

足元を気にしながら
お子さんのお世話は難しいですからね。

洋服の種類や色

正装となると色は黒といったイメージがあるかもしれません。

黒だと礼服に使うものを持っているという方も
いらっしゃるでしょうから新しく買う必要も
ないかもしれません。

とはいってもお子様が華やかな服装をしていて
脇役と入ってもお母様が地味となってしまうと
雰囲気的にもよくない感じがします。

淡いパステルカラーとか
明るめのベージュやグレーあたりでしたら
暗い雰囲気にならなくていいですよ。

もし黒い服を着る場合は
ネックレスやストッキングなどで華やかさをだして
髪型を華やかにしたりするといってことを
することで雰囲気が変わります。

インナーを明るめにするというのも
いいですね。

服装はリクルートスーツ
ジャケットにワンピースといった組み合わせにするのが
一般的で間違いがありません。

ブラックフォーマルも好まれていますが
黒ですのでほかの部分に気をつけましょう^^

まとめ

脇役に徹して
かといって華やかな雰囲気を崩さない
といった服装にするということを頭に入れておくことで
七五三をエンジョイ? できる服を
選ぶことが出来ます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る