十五夜のお月見のお供え物。意味や飾りつけについて

十五夜

毎日私たちを照らし続けてくれる
お月様。

十五夜では名月が見られて
歌にもなったりするくらいに素敵な
姿を見せてくださります。

その十五夜についてのことを
紹介いたします。

十五夜はいつか

2015年の十五夜は
9月27日(日)となっています。

旧暦の8月15日、現在の新暦9月15日
十五夜の日となっていますね。

ただ毎年十五夜の日は違っていて
9月中旬から10月上旬にどこかに
旧暦の8月15日がくるのが本当のところです。

旧暦と新暦をきちんと置き換えるということが
できないためにこのような幅が出てきてしまうんですね。

ちなみに十五夜というと満月をイメージなされるかもしれませんが
実際のところは1、2日くらいずれがあります。

満月っぽくみえていても
実はそうじゃなかったと考えると
ちょっと悲しいものがあるようなTOT

意味

十五夜は
「お月見」「名月」「中秋の名月」「芋名月」
といった呼ばれ方をします。

日本古来からある風習ではありますが
もともとは中国からやってきたものになります。

中国では唐の時代から中秋の名月を鑑賞する風習があり
それが平安時代の貴族に広まることになって
時代が進むにつれて
武士や町民の間でも行われるようになっていきました。

日本では昔は月の満ち欠けをみて月日を知って
農作業を行ってきたこともあり
十五夜の日には農作物の収穫を感謝する
祭事を行うようになったといいます。

約1ヵ月後には十三夜もありますが
十五夜と十三夜を見ないと「片見月」という縁起の悪いものと
されるのでどちらもみるようにしましょう^^

十三夜について

お供え物について

十五夜といえばお団子とすすきを供えるというのが
一般的です。

お団子は15個お供えしますが

・里芋などの秋の農作物
・秋の七草

をプラスするのが正式になります。

すすきは秋の七草のひとつであり
七草であればどれをお供えしてもいいんですね。

すすきが手に入りやすいから
多く使われるようになっていったのでしょう。

飾りについて

お月見の団子をお供えする台は
三宝・三方(さんぽう・さんぼう)」と呼ばれるものです。

神道の神事で使われるものであり
鏡餅もそれにのせられていますね。

これを使うのが一番いいといえますが
三方を持っているお家はそんなにないかと思います。

お皿やお盆に紙を敷いて
その上に団子をのせれば問題ありません。

紙の敷き方は正方形のものを
体格に敷くか、長方形のものを四辺か二辺垂らすように
します。

お団子ののせかたは
一段目は3×3の9個、二段目は2×2の4個、三段目は2個
並べることになります。

それをお月様が見えるところにおきます。

そのほかのお供え物は
お月さまから見て左側におく事になります。

まとめ

十五夜の飾りつけなんかを紹介させて
いただきました。

今ではそんなに形式にこだわって行う人も
いなかったりしますが
そんな中でしっかりとお供えすることで
またお月様のありがたみがかわってくるかと
思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る