秋の衣替えの時期はいつか。収納のやり方や断捨離、クリーニングについて

秋の衣替え

秋になったら今までの暑い季節に来ていた服から
寒い時期に着用するものに代える
衣替えを行うことになります。

衣替えを上手に行うための
収納方法などを伝授いたします。

秋の衣替えはいつがいいのか?

10月1日が衣替えの時期であり
学校や会社でもこの日から制服を冬服にするという人が
ちらほらと出てきます。

毎年気温が違っているために
10月になったから即衣替えしようというのは
無茶っていうものです。

たまたま10月の最初が肌寒くても
その後また暑い日が続くということもあるくらいに
変な日がある年もありますね。

天気予報などで気温を確認し
寒い日が1週間くらい続くというときになったら
衣替えをするのにはよい時期だといえます。

10月中ごろくらいがそのタイミングとなるでしょう。

収納について

衣類は手間を省くために
一気に入れ替えてしまいたいと
そう考えるのは自然だと思います。

とはいっても実際は気温がころころ変わったりもするので
いっぺんに服を入れ替えてしまうと
いきなり暑くなったときに対応することができません。

入れ替えについては何回かにわけておこなうと
夏服をいちいち奥からだしたりといったことが
なくなります。

多くの家庭ではそのようにしていて
9月に1回、10月に2回、11月に2回と
こまめにやっているところもあったりするくらいです。

まああまり回数が多くなるとめんどくさいので
9月から11月の間に2回くらい行うというのが
いいかもしれません。

夏と冬の服を9割くらい入れ替えをして
気温が変わったときのためのものを
すこし用意しておけばもしものときも
安心ですね。

洗濯、クリーニングについて

まず収納するまえにやってほしいのが
クリーニングや洗濯ですね。

夏の汗が出まくる時期に着用していた服には
汗や油が想像以上に染み込んでいます。

そのまま収納して次の衣替えのときに出したら
黄ばみやしみがあったり
繊維の質感に違和感があったり
そんなことがおこってしまいます。

汚れを落としきらなかったことが
原因なんですね。

洗濯をする場合は
2度洗いをして漂白剤をつかって
念入りに汚れを落とすようにします。

これくらい洗えば安心ですね。

洗濯のしにくいものは
クリーニングに出すようにします。

クリーニングにはドライと水溶性があり
水溶性の場合はシミなんかがしっかりと落ちるけど
生地が傷みやすいところもあります。

ドライクリーニングは液を使うことになりますが
それがにおいを出すようになり
また水溶性よりも落ちにくいところがありますが
出来上がりがはやいというメリットがありますね。

ドライと水溶性の間くらいの効果がある
塩抜きというのもあります。

ちなみにクリーニングに出す前には
服に傷などがないかを事前に確認しておきましょう。
受付では確認されることになりますが
傷のあるまま洗うと広がってしまう場合もありますので
補修をあらかじめ行っておく必要があります。

ポケットに物が入っていないかどうかの
確認も必要です。

断捨離について

買い物で服の量が増えていれば
いらないものも出てきていると思います。

収納するときに量が多いとかさばることになりますので
思い切っていらないものを処分することも大切です。

捨ててしまえば
洗ったりしまったりする必要がなくなりますので
手間も省けます。

もったいないと思うかもしれませんが
ぜんぜん着ない服は持っていても
邪魔になるだけですから
いらないものを捨ててすっきりして
しまいましょう。

ただ捨てるだけだとすっきり感しか得られないので
オークションサイトで売ってしまって
お金を手にするというワザもあります。

ユニクロやマルイなどに設置している
洋服回収サービスを使うと
クーポン券と引き換えができるサービスといったものも
ありますね。

収納のやり方

いらないものを捨てて
洗濯もしたらいよいよ収納です。

収納するときに気をつけるのが
余裕を持ってしまうということです。

秋の衣替えのときは
秋冬ものをだすために余裕はあるかと思いますが
ケースやクローゼットに全部まとめようとして
ぎゅうぎゅうになってしまったりする方もおられたりします。

空気を循環させる必要があり
無理やりつめこんでしまうと次に出すときに
カビやしみが発生ということになりますので
遊びを持たせるということは徹底してください。

また防虫剤を入れておくことも
忘れないようにしましょう。

せっかくの服が
虫にくわれてしまったら泣くに泣けません。

まとめ

こうやってみると結構めんどくさいと
感じることになるでしょうが
厚手のものが多い
春の衣替えよりはぜんぜんやりやすいです。

しっかり行って
たのしい秋冬をすごしましょう^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る