お年玉の相場金額。親から幼稚園、小中学生、高校生や大学生別。孫の場合金額はいくらか。

お年玉の相場、親から子供、孫

子供にとってはうれしくてしょうがない
お年玉ではありますが

しかし渡す大人からみれば、
おそろしい行事になってきます。

自分の子供だけではなく
孫や甥、姪、知人のお子さんに渡すということも
あるでしょうから計画的に金額を決めないと
大変なことになってしまいます。

一般的な相場というものをまとめましたので
参考にしてくださいね。

まとめて渡す

親から、祖父母からお年玉を渡すときは
お父さんとお母さんからお年玉、
おじいちゃんとおばあちゃんからのお年玉
というようにして渡しましょう。

なかには別々という家もありますが
まとめて渡すのが一般的であります。

以下に記載している相場は別々ではなく
まとめた額になります。

知人や友人、親族の子供へのお年玉の相場

親から子供へ 年代別のお年玉の相場

赤ちゃんから幼稚園・保育園児

相場は大体500円から1000円という
金額になります。

まだまだお金の価値というものがわからない年齢ですので
お金よりもおもちゃやお菓子をあげたほうが
喜んでくれますね。

自分はこのくらいのときは
500円玉をもらったのですが
それで遊んでなくしてしまった記憶が
あったりします^^

小学校低学年

1000円前後が相場となっていて
お小遣いよりすこし多いかなというくらいです。

このくらいのときもお金である必要は
まだまだないともいえます。

小学校中学年

3年生、4年生となってくると
現金に興味を持ってきます^^

相場は2000円から3000円ですね。
将来のお金の使い方を覚えさせるために
がんばってお金でお年玉をあげたいところですが
ほかにももらえる人がいる場合は
福袋といった代わりのものをプレゼントする方法も
あります。

小学校高学年

3000円から5000円くらいが相場となり
財布の中と相談することが多くなってきます。

自分の子供以外にも渡すことになるでしょうから
泣きたくなってきますねTOT

中学生

5000円から10000円くらいになってきます。

少し前にはクリスマスプレゼントを
あげたりもしているでしょうから
この出費はかなり痛いですね。

お子さんには有効にお年玉を
使ってほしいところです。

高校生

5000円から10000円と中学生と変わりませんが
1万円渡すという家庭も多いために
中学生より多めにあげるのが一般的といえます。

受験や就職の用意などお金のかかるものが多い時期ですので
無理をせずに多く渡すのが厳しいときは
お子さんに事前に理由をいって納得してもらいましょう。

大学生

10000円から20000円くらいとなってきます。

大学生や短大生、専門学校生となってくると
バイトをしてお金を稼ぐということもできるので
あげないという家庭も増えてきます。

あげるにしても、クリスマスプレゼントはなしとかいった
ところもでてきますね。

お子さんが一人暮らしで実家から離れて暮らしていたりすると
心配になって多めにあげたりといったこともあるでしょうが
無理して渡して家がダメージをうけては元も子もないので
余裕があれば渡してもいいかなというところです。

孫へのお年玉の相場

赤ちゃんから幼稚園くらいまでは
親から子供への相場とあまりかわらなかったり
お菓子をあげたりしている人が多いのですが
小学生以上となると少し多めにあげているところが多い
感じになりますね。

小学生のときが5000円から10000円
中学生以上は10000円くらい渡すといった話を
よく聞きます。

普段お金を使うことがなくなってくるので
特別な日にはいっぱいあげようという
おじいちゃん、おばあちゃん心が出てくるのでしょう。

しかし
親から子への相場と同じ額を渡せば問題はありません。

親よりも多く渡すとなると
孫を買収しているようにとられることもありますね。

特に息子さんや娘さんの配偶者から
いいようにみられないことにもなってしまいますので
事前に相談して金額を決めておいたほうが
ちいさな憎しみを蓄積する必要がなくなりますので
安心です。

まとめ

両親から子供、祖父母から孫へお年玉を渡すときは
同じくらいのお金を渡したほうが無難であります。

親から渡すときは両親から、孫に渡すときは
祖父母からという感じで相場の金額を渡せば
問題はありません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る