年賀状代わりの喪中はがきはどこまで?12月に亡くなった場合について

喪中はがきはどこまでか

1年以内に身内の方が亡くなった場合には
年賀状は送らずに喪中はがきを送ることになります。

あけましておめでとうの文字が
不謹慎だといったことがあるので
まあしょうがないことだと思います。

ただ、身内はどこまでの場合に喪中を出すのか?
12月にお亡くなりになった場合はどうするのかというのは
分かりにくいところだと思いますので
ここで紹介いたします。

どこまでが喪中はがきの範囲内か?

喪中はがきをだすのは一般的には
2親等以内というようになっています。

ご本人様の父親と母親の両親、
娘さんや息子さんといった子供が1親等となり
祖父母と孫や兄弟にあたる人が2親等というように
なってきます。

結婚している場合は配偶者と義理の両親も
1親等となってきます。

義理の祖父母は2親等になりますね。

喪中の期間は正式には1親等の方は
亡くなられてから1周忌が終わるまでは喪に服して
2親等の場合3か月から6か月が期間となっているのですが
周囲の方も気を使うために
2親等であったとしても1年間は喪に服すというところは
多々ありますね。

叔父や叔母、親戚といったところがお亡くなりになった場合は
喪中はがきを出す必要は本来はないのですが
親しい付き合いをしていていた場合は喪中扱いにするといった
ところもあります。

最終的には本人の気持ち次第ということになってきますが
年賀状を出していただける相手にとってはわかりづらいところがありますので
決まっている人にはそのあたりのことは事前に伝えておいたほうが
いいところがあります。

12月中にお亡くなりになった場合

喪中はがきは基本的には11月中に出すことに
なっていたりしますが
残念ながら12月になってから身内の方が
お亡くなりになるということもあったりします。

12月15日から年賀状引き受けが始まることになるために
そのまえに起こったとしたら
それよりも早めに出して先方が年賀状を出す前に
届くようにおくってください。

15日を過ぎてしまう状態になってしまったときは
先方から元旦に年賀状が届くことになります。

そうなってしまうなかで喪中はがきをだしてしまうと
相手の方に気を使わせてしまうことになってしまいますので
あまりよろしくありません。

喪中はがきのかわりに寒中見舞いを送ることにして
その際に年賀状のお礼とこちらから出せなかった理由を
伝えるのがスマートなやり方というように
なってきます。

年賀状をすでに出してしまった場合は?

年末に身内が亡くなってしまったけど
すでに年賀状を出してしまっているという場合は
配達前に郵便局にそのことを伝えれば
回収することができます。

手元に残っている年賀状も
郵便局で普通のはがきに交換することができますので
その点は安心してください。

年末になくなった場合翌年の年賀状は?

喪に服す期間は1年というようになっているので
年賀状が届くときは期間外ということになりますので
年賀状を出しても問題はありません。

それゆえに喪中はがきも出さなくていいということに
なります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る