年越しそばは大晦日のいつ食べるのか?意味や由来、具材について

年越しそばはいつたべるのか。

大晦日の楽しみというか
いつも自然にやってしまったりするのに
年越しそばがあるでしょう。

一流のそばを取り寄せて食す家庭もあれば
カップ麺で過ごすうちのような
家庭というのもあるでしょう^^

いつも何気なく食べてしまう年越しそばについて
意味なんかを調べてみました。

年越しそばの由来や意味

年越しそばを食べる風習が定着したのは
江戸時代のころからであるといわれています。

そば自体は奈良時代に日本に伝わったといわれていますが
そこから結構経って
年越しそばの風習が出来たといいますね。

年越しそばを食べるようになった理由は
いくつか存在していて

・延命や長寿
・世直し
・健康・解毒
・借金などの苦労を絶つ
・家族の縁を長く続ける
・金運をあげる

こういったものがありますね。

延命や長寿

これは私のほかに多くの人が信じているものであり
そばは細く長くあるために長寿の願いをこめている
というように聞かされた人はたくさんいることでしょう。
そばをみているとしっくりくる理由になりますね。

世直し

鎌倉時代に謝国明という日宋貿易に関係していた
貿易商人がいて禅寺の承天寺に建立に力を貸すことになったのですが
そこでは年の瀬を越せない町人に「世直しそば」という形で
そば餅を振舞っていました。
翌年からそのもちを食べた人々に運気がめぐってきたこともあって
大晦日に「運そば」「運気そば」「福そば」といわれるものを食べる
習慣が生まれたという説です。

今は年がこせないということも少なくなってきましたが
昔は行き倒れる人も多かったために
ほんとうにありがたいものだったでしょう。

健康・解毒

五臓という主要な内臓の毒をそばの実がとると信じられていて
またそばが風雨にさらされても日光を浴びたら
元気になるという性質もあるために
健康や解毒を祈るためにたべるようになったという説です。

借金などの苦労を絶つ

そばが切れやすいために1年間の苦労や借金を
絶って翌年に持ち越さないように願ったという説です。
今のそばはなかなか切れないものが多いですが
昔だと切れやすいものもあったのでしょう。

家族の縁を長く続ける

そばが長いために家族の縁を長く続けることを
祈ったという説。

金運をあげる

金銀細工師が金箔を延ばす為にそば粉を用いたり
金粉銀粉を集める為にそば粉の団子を使用したりことから
金を集める縁起物であるとする説。

どれが正解かは今となってはわかりませんが
自分の信じるものを祈ればいいのではないかと
思います。

いつ食べるのか?

大晦日の夜に多くの人は食べています。
除夜の鐘を聞きながら食べる人も
いらっしゃいますね。

年越しそばという名前からして
そばを食べながら元旦を迎えるのが正解のような
感じがするのですが
大晦日に食べるという以外は
とくに決まりはないようです。

大晦日のうちに食べればいい
いうことですね。

具材について

そばだけで食べるのはもったいない気がしますので
なにか具材をいれておいしく召し上がりたいところです。
カップ麺では天ぷらそばを年越しそばとして
たべたりしていましたが、明確な決まりというものは
とくにはないようですね。

ただ、入れた具材によっては
意味があるんですね。

ネギ

1年の労苦を「ねぎ」らうという意味があります。
食欲を増進し、風邪の予防や改善にねぎの成分は役立つことになります。
ネギを箸代わりにしてそばをすくってねぎごと食べる地域もあるようですが
基本は薬味としてきざみねぎをいれます。

卵焼きや伊達巻きのスライスや月見そば

黄色には金色に通じることもあって縁起物とされていますが
伊達巻きは巻いている形状から反物(着物の布地)を連想することができて
着るものに困らない、つまりは繁栄・繁盛の意味があったりします。

油揚げできつねそば風

商売繁盛の神様であるお稲荷さん。
新年の仕事運や金運の願いを油揚げに込めて
入れたりするようです。

海老のかき揚げや天ぷらなど

腰が曲がることから「長寿のシンボル」ということになっている海老は
日本中で縁起のいい食材とされていますね。

ニシンそば

「二親(にしん)」は多くの子供が産まれる子孫繁栄の縁起担ぎに
使われています。
京都の年越しにはこのニシンそばが定番と
なっています。

強引な感じのものもあるようにみえますが
まあ大体そんなものでしょう^^

まとめ

とりあえず年越しそばを食そうという方々が多い中
意味を考えながら食べてみると
また違った感動を味わうかもしれませんね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る