長岡花火大会の穴場スポット!2017年日程、駐車場や交通規制など

長岡花火大会穴場スポット

美しい国日本、
その日本三大花火大会のひとつである
新潟県の長岡花火大会

ツアーも組まれて
チケット入手も困難でありながらも
全国から訪れるこの花火大会の
絶景ポイントなんかについて紹介をさせていただきます。

長岡大花火大会の2017年の日程時間、場所など

長岡まつり花火大会2017の日程は
2017年8月2日(水)、3日(木)となっています。

打ち上げ時間は両日とも
19時25分から21時10分となっています。

この花火大会というものは
長岡まつりのメインとなるイベントという位置づけであり
前夜祭は8月1日に始まります。

開場は信濃川の河川敷になります。

アクセス方法は
電車で行くには
JR長岡駅から徒歩30分で

車の場合は
関越道長岡ICから車で20分と
なっています。

ただこのルートで行くととんでもなく混雑してしまいますので
富山方面は西山ICを、
東京方面は小千谷ICや長岡南越路ICを使うと
遠回りにはなるものの快適なドライブを体感することが
できるようになります^^

駐車場に関しては
有料駐車場が1300台、

無料駐車場は5000台ほどありますね。

駐車場マップ

交通規制について

長岡花火大会のみどころについて

年間90万人ほどの来場者数が予想される
大規模な花火大会であり

長岡まつりのイベントのひとつとなっているために
花火だけではなくてお祭りを楽しむなど
いろんな楽しみ方ができる催しになります。

競技花火大会ではなくて
慰霊と復興」をコンセプトにしているので
心温まる演出が用意されています。

花火を見て、目頭があつくなることになり
人生というものを一から考え直す
きっかけとなるかもしれません。

有料席について

左岸マス席:1マス15000円

それなりの値段はしますが
打上げ場所に近いので、臨場感あふれる花火を楽しむことが
できますね。

「堤防内」か「堤防上」のどちらかが
割り振られることになり
地面が固くなっているのでブルーシートやクッションなどが
あったほうがいいですね。

左岸イス席:1人3000円

「堤防内」「陸上競技場スタンド」「陸上競技場フィールド」とイス席があり、
こちらで選ぶことができないために
ギャンブル的な要素があったりします。

堤防内はパイプイスでありマス席に近いこともあって
臨場感のある花火を楽しめます。

陸上競技場スタンドは会場から少し距離がありますが
高い所から花火全体を見ることができるというメリットがあり
無料座布団の貸出しがあったりもします。

陸上競技場フィールドはテーブル付きとなっていますが
ナイアガラなんかはみずらかったりしますね。

右岸マス席:1マス15000円

打ち上げ場所から近いので
花火を体感できるメリットがあります。

右岸指定席:1人3000円

堤防の傾斜地にあり
花火全体が見渡せるメリットがありますが
おしりがいたくなるので対策が必要です。

フェニックス席:1人2000円

復興祈願花火である「フェニックス」を
観覧するのに最適な席になります。

カメラマン席:1マス5000円

2人まで利用でき
右岸指定席の最後尾の堤防の急斜面を利用した席であるために
花火を撮影したい人にはうってつけの場所になります。

身体障碍者席:1組4000円

こちらは駐車場代含む、1組4名まで利用でき
要身体障碍者手帳となっています。

障碍者1人につき介助者1人以上が付き添う必要性が
ありますね。

さいわいプラザ屋上での観覧となります。

右岸3日限定席:1人3000円

3日のみ右岸マス席後方に設定される指定席であり
近いために迫力ある花火を体感できます。

絶景ポイント

古正寺町中央公園

新潟県長岡市古正寺2丁目34

復興祈願花火「フェニックス」を楽しめる
絶好のポイントですが住宅地にあるので
マナーは必須ですね。

悠久山公園周辺

新潟県長岡市御山町

開場から離れた場所にはありますが
高台から見下ろせるために
花火の美しさを楽しむには
とてもいいところであります。

長岡市立劇場、長岡市役所裏の裏側土手

新潟県長岡市幸町2丁目1−2

三尺玉の花火をみるための
穴場スポットといわれています。

アピタ長岡店の屋上

新潟県長岡市千秋2丁目2−278

開場から距離はありますが
花火を正面からとらえることができる
おすすめスポットです。

飲食やトイレなんかにも
とても便利ですね。

イオン長岡店の屋上駐車場

新潟県長岡市古正寺1丁目249−1

屋上駐車場が当日には無料開放されることになり
有料観覧席のある「陸上競技場」近くであることもあり
復興祈願花火「フェニックス」を正面から
鑑賞できます。

トイレなんかも好都合ですね。

蔵王橋周辺

打ち上げ会場から見ると
下流にあるエリアですが
距離があっても花火を存分に
ゆったりと見ることができる穴場といえるところです。

信濃川沿いの土手

14時から開放される無料観覧席になり
迫力ある花火を体感できるところです。

日本全国花火大会一覧

まとめ

この花火大会の花火が見える
穴場といえるところは
結構ありますね。

テーマがテーマだけに
多くの方が思いをこめた大会ですので
失礼のないように楽しんでいただきたいと
思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る