なにわ淀川花火大会の穴場スポット。2017年の日程や時間、有料席は?

なにわ淀川花火大会
スポンサーリンク

大阪といえば
天神祭奉納花火が有名になりますが
なにわ淀川花火大会だってすばらしいものがあります。

多数のきれいな花火が淀川にうつるそのさまは
一生記憶に残り続けてしまうでしょう。

スポンサーリンク

PL花火大会について

天神祭奉納花火について

なにわ淀川花火大会の日程や時間について

第29回なにわ淀川花火大会の日程は
2017年8月5日(土)になり

時間は19時50分から20時40分くらい
なっています。

雨天でも決行となっていますが
荒天の場合は中止になりますね。

2014年なんかには残念ながら中止となって
しまっています。

打ち上げ場所は
淀川河川敷(新御堂筋淀川鉄橋~下流国道2号線)となり

打上玉数は発表されていないのですが
約20000発があがるといわれております。

予想来場者数は
約55万人となっていて天神祭よりはすくないですが
こちらは花火メインですのでそれは仕方のない
ことであるといえますね。

見所について

オープニングから度迫力の花火が打ちあがることになり
テーマにそってプログラムごとに
キャラクター花火や10号玉花火なんかが
お目見えすることになります。

さまざまな変り種の花火は
好評ですね。

フィナーレでは
あまりの数の打ち上げ花火があがることになり
昼間かと思うくらいい明るく照らされることになり
みておいて損はありません。

有料席について

毎年有料席が設けられることになり
公式サイトやチケットぴあ、ローソンチケット、イープラス
といったところで前売り券の購入は可能です。

十三会場(弁当・茶・テーブル・パイプ椅子準備)

・エキサイティングシート:

前売:大人8,000円・子供5,000円
当日なし

・アリーナシート:

前売:大人7,000円・子供4,000円
当日:大人8,000円・子供5000円

梅田会場(パイプ椅子)

前売:大人4,500円・子供2,500円
当日:大人5,000円・子供3,000円

納涼船(弁当・茶・テーブル・パイプ椅子)

前売:大人16,000円・子供8,000円
当日:なし

堤防パノラマスタンド(クッションシート)

前売:大人2,500円・子供1,500円
当日:大人3,000円・子供2,000円

絶景ポイント

梅田スカイビル空中展望台

大阪府大阪市北区大淀中1丁目1 梅田スカイビル 北区大淀中1−1−88

入場料:大人700円、中・高校生500円、
小学生300円、幼児(3歳以上)100円

有料の場所になり
400席ほど用意されることになります。

18時半までの第一部営業と、19時からの第二部営業に分かれていて
席を確保するには早めにやってくる必要が
あります。

最寄り駅は
JR「大阪」駅、阪急「梅田」駅、
地下鉄御堂筋線「梅田」駅より徒歩9分です。

大阪府咲洲(さきす)庁舎コスモタワー(旧WTCタワー)

大阪府咲洲庁舎
住之江区南港北1−14−16

日本で3番目に高い展望台であり
上から見下ろす花火の姿を見ていると
日本を征服した気分になりますね^^

最寄り駅の
ニュートラム「トレードセンター前」駅から徒歩3分
地下鉄中央線「コスモスクエア」駅から徒歩7分
という感じになっています。

海老江グランド付近の淀川河川敷

大阪市福島区海老江3丁目

この場所は淀川河川敷になるのですが
比較的に混雑することがすくないので
のんびりと鑑賞ができる場所になります。

最寄り駅は
JR東西線学研都市線「海老江」駅、
阪神本線「野田」駅、地下鉄千日前線「野田阪神」駅
となっています。

日本ペイントビル前

大阪府大阪市北区大淀北2丁目

こちらも淀川河川敷になり
ゆったりと見たい人にはお勧めの場所になります。

最寄駅は阪急神戸線、宝塚線「中津」駅に
なりますね。

本庄公園付近

大阪府大阪市北区本庄西3丁目11

ゆったりできて
花火自体もけっこうみやすい場所になります。

最寄り駅は
地下鉄御堂筋線「中津」駅、阪急千里線「天神橋筋六丁目」駅、
地下鉄堺筋線、谷町線「天神橋筋六丁目」駅
になりますね。

阪神高速道路11号池田線下流

会場からは離れてしまいますが
ビルのネオンがあまりなく
花火本来の美しさを堪能できます。

コナミスポーツクラブ梅田店

室内になり
暑さや虫に悩まされずに
花火を堪能できる場所であります。

日本全国花火大会一覧
 

まとめ

都市部の花火大会になるために
ゆったりと見れる場所というのは限られてはいますが
それでも探せばあるものでございますね^^

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る