天神祭奉納花火の穴場スポット。2017年日程や時間。天気次第で中止

天神祭奉納花火

日本三大祭には
東京「神田祭」京都「祇園祭」があり
あとのひとつが大阪「天神祭」となります。

このお祭りの見所のひとつに
天神祭奉納花火」があります。

大川を埋め尽くす大船団と
打ち上げ花火のコントラストはなんともいえない
幻想的な雰囲気をかもし出してくれます。

なにわ淀川花火大会の穴場スポット

PL花火大会について
 

概要について

日程は2017年7月25日(火)となっていて
打ち上げ時間は19時から21時くらいとなります。

7月24日に天神祭宵宮、25日に天神祭本宮
毎年このようなスケジュールになっていますね。

雨天決行となってはいますが
荒天の場合は完全なる中止となり
順延されるということもありませんので
花火を見ることができただけで
ラッキーともいえますね。

会場は
大阪市北区の桜之宮公園グランド川崎公園(造幣局横)
というようになっています。

来場者数予定は
約125万人となっていて
打ち上げ玉数は
約5000発の予定ですね。

見所

大川を埋め尽くす100隻の大船団と花火の
競演はなんともたまらないものがあります。

オープニングでは
天神様である菅原道真公にちなんで
打ち上げられる梅鉢形のオリジナル花火「紅梅」
登場するのですが

これはこの花火大会でしかみることができないので
一生に一度はぜひとも見たいものであります。

あと
文字仕掛け花火」というものもうちあがるのですが
これは協賛企業の名前がはいるものであり

個人でも一発5000円で
大阪天満宮の境内に名前があげらることになり
記念品として花火玉のレプリカのプレゼントが
あったりもします。

お客さんも大切にするその姿勢というものが
なんともいいですね。

絶景ポイント

OAPタワー付近

大阪市北区天満橋1丁目1

打ち上げ会場となる大川のほとりにあるところで
大迫力の花火を体感することが可能となっています。

混雑はさけられませんが
がんばって場所を確保する価値は
存分にありますね。

桜之宮公園

大阪市都島区中野町1丁目

人気のスポットになり
当日は屋台なんかも多数出て
大迫力の打ち上げ花火を楽しむことが可能です。

15時くらいまでに場所取りをすれば
よりよい場所で鑑賞できますね。

桜宮橋付近

大阪市都島区中野町1丁目

込み合うのはさけられないのですが
しかし桜ノ宮公園、川崎公園から打ち上げられる花火の
両方を堪能できるというメリットがあるので
できれば抑えたいところです。

最寄り駅は
JR大阪環状線東西線「京橋」駅、京阪「京橋」駅、地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅
となっています。

川崎橋

大阪市都島区網島町1丁目付近

最寄駅はJR東西線「大阪城北詰」となり
車が通らない自転車歩行者専用の橋になるために
会場から離れていてものんびり鑑賞できますので
おすすめであります。

都島橋

大阪市都島区都島本通1丁目付近

最寄駅はJR大阪環状線「桜ノ宮駅」になり
会場から離れてはいますが

花火とライトアップされた大阪城の
コントラストを見ることができる
すばらしい場所になります。

源八橋

大阪市都島区中野町4丁目付近

JR大阪環状線「桜ノ宮駅」が最寄り駅となり
会場から近いので
目の前で花火を鑑賞できるというメリットがあります。

日本全国花火大会一覧

まとめ

日本三大祭りの花火大会の穴場についてでした。

花火だけではなくて
この祭り自体もすばらしいものですので
天神祭り自体を
思い切り楽しんでほしいと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る