ホワイトデー本命・義理チョコのお返しの値段の相場

ホワイトデー お返し 本命 義理

2月14日バレンタインデーに
本命や義理チョコ
プレゼントをもらったあなたは

3月14日ホワイトデーに
お返しをすることになるかと
思います。

その時に考えてしまうのは
お返しのプレゼントは
どのくらいのものがいいのか?

ということですね。

本命はもちろん、
義理であってもしっかりと
お返しすることで
人間関係は円滑に

なってきます。

ホワイトデーお返しプレゼントの相場

お返しという言葉がつくくらいですので
バレンタインデーにもらったものが
基準になってきます。

基本的に値段は
バレンタインの贈り物と同程度、
または2、3割増しといわれていますね。

本命であっても義理であっても
このようになります。

お返しをしない男性も結構いたりして
そのためなのか
期待していない」という女性も

一定数いるのですが
礼儀として
お返しはしておきたいものです。

値段的には
義理チョコですと
1人500円から1000円くらい、

本命ですと
1500円から2000円くらいと
なるでしょうか。

本命の場合は
チョコ以外にそれなりの値段のものも
一緒にプレゼントされたりもしますので

この予算を超えてしまうという人も
いらっしゃいます。

逆にチョコレートだけになると
もっと予算は
下がったりするでしょう。

相手次第になってくるため
お返し選びは本当に
大変です。

 

義理チョコお返しの注意点

・あまり高価なものは贈らない

なかには2倍以上のものを
お返ししたほうがいいといった情報も
あったりしますが

あまり高価なものは
やめておいた方が無難です。

勘違いされるといったこともありますし
会社なんかで渡すときは
周りの男性よりも高価なお返しをすると

人間関係が崩れてしまうといったこともあります。

変に目立つと
周りはいい気がしないものです。

またホワイトデーが終われば
翌年にはまたバレンタインが
やってくることになります。

プレゼント次第では
相手女性にプレッシャーを与えてしまいますので
そういう面でも
それなりのものを贈る方が
いいといえますね。

 

・多数の女性に贈る場合は同程度のものにする

お菓子なんかを贈るときは
相手の女性の好みといったものも関係してきますので
同じものは渡せないといったこともあるでしょう。

その場合はあまり値段の差をつけずに
同程度のものを
プレゼントしたいものです。

相手の気を悪くしてしまいますからね。

ちなみにバレンタインの時に会社といった集団のなかで
一人だけほかの女性よりも
やたらと高価なものをプレゼントしてくれた
なんてこともあるかと思います。

そういう場合は
バレンタインプレゼントの
値段にもよってきますが

公平にという言葉を使って
同程度のものを贈るか

少し高めのものを
プレゼントしましょう。

その際は人数分のプレゼントを
違うものにした方が
無難です。

 

最後に

男性にとっては
本当に悩むイベントになります。

女性の性格によってもきますので
これといった答えはないといえます。

だからといって
何もしないわけにもいきません。

本やネットで調べられるものは
あくまで参考程度にし
相手の性格や
会社といった集団の習慣といったものを
把握したうえで

選ぼうという
思いが大切になります。
 
バレンタインデー本命・義理の見分け方!違いは仕草やプレゼントから!
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る