介護保険料の支払い年齢はいつからいつまでか?

介護保険料の支払い年齢はいつからいつまで

人間生きていれば年をとり
体も弱くなってきて
将来は様々な介護サービス
受ける身になってくる可能性は
高くなっています。

そんなときに便利なのは
介護保険となります。

ただ、この恩恵を受けるには
介護保険料を支払う必要が
あります。

意外とこの支払いが
大変だったりもするんですね。

いったいいつまで
支払えばいいのか
ご紹介いたします。

何歳から何歳まで支払うのか?

まずは加入時期から
見ていきましょう。

まずは第2号被保険者についての
保険料でありますが

これは40歳から65歳になる前まで

支払うことになります。

あなたがサラリーマンで健康保険組合に
加入している場合は
給与からの天引きという形で
支払いをすることになります。

自営業者などの身分で
国民健康保険に加入している方は
医療保険料に上乗せされて計算し
そして自ら支払いをすることになりますね。

次に第1号被保険者の介護保険料ですが
これは65歳からお亡くなりになるまで

支払いをすることになります。

これがまた痛い!

所得に応じて
額は決められることになりますが
年金暮らしになったときは
できれば負担は少しでも減らしたいところ。

しかし介護サービスを受けるためには
がんばって支払いをしていかなければ
いけません。

高齢者の方は無料で
収入のある若い世代に
支払ってほしいと思われるかもしれませんが

高齢化が進み
年金の費用など高負担を強いられている
若い世代に丸投げというわけにも
なかなかいかない事情があったりもします。

いざというときのための
保険料の支払いですが

いざが来る前に
どうにかなってしまいそうな
この制度は

改善がなかなかやっかいな感じが
してしまいます。

国民健康保険料の支払いはいつまでか?

 

まとめ

介護保険料の支払いは
40歳から65歳未満
65歳から亡くなるまで

この2段階に分かれています。

この制度の恩恵を受けるためにも
しっかりとした
計画を立てていかないと
いけませんね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る