確定申告の医療費控除の必要書類や期限について。対象外のものも。

確定申告 医療費控除

確定申告での控除には
いろいろありますが
中でも「医療費控除」は
かなり大切になってきます。

医療費控除」というのは
自分や家族の医療費に適用される
控除のことになりますが

これを利用することで
医療費の一部が還付されることになります。

還付も大切ですし
これをするかしないかで
実は翌年の所得税や住民税の支払いが
変わってきたりもします。

やらないと損でしかありませんね。

医療費控除に必要な書類

必要書類は
そんなに多くあるわけではありません。

・源泉徴収票
・医療費のレシート

多いどころか
2種類しかないので
そろえるのは簡単です。

レシートなんかは
中には捨ててしまう人なんかもおられたりしますが
もったいなさすぎますね。

日ごろからしっかりと
管理しておきましょう。

ちなみに申請書類は税務署に置いてあります

還付してもらうときは
振り込んでもらう通帳と
認印が必要になってきます。

 

計算方法

医療費控除の計算方法は
そんなに難しくありません。

申告の対象となる年の
1月1日から12月31日までに
支払った医療費-保険金、一時金などで
還付された額-10万円または
所得の5%の低い方=医療費控除額

こういった感じになります。

一見めんどくさそうにみえるのですが
やってみればそんなに難しくはありませんので
翌年の支払いを少しでも少なくするために

きっちりとやっておきましょう。

 

医療費控除の対象外のもの

病院で支払った医療費すべてが
控除の対象になるわけではありません。

基本的には国の認める国家資格を有した人が
医療目的で行う費用は対象に。
それ以外のものは対象外ということに
なります。

・コンタクトの購入費
・歯列矯正
・健康促進のビタミン剤

こういったものは対象外になります。

体を治療するものが対象で
美容や健康のものが対象外

そんな感じでみていけばいいでしょうか。

実は通院で使うタクシー代なんかは
場合によっては控除の対象に
なったりもするんですね。

控除の対象になるものは細かく設定されており
全部を暗記することは困難ですので
それ用の書籍を購入するといった
手段をとったほうが
人によってはいいかもしれませんね。

自分や家族が病院をよく利用するのでしたら
購入を検討してみてください。

 

まとめ

・源泉徴収票
・支払った医療費のレシート

書類はこれだけになります。

とにかく医療費控除の申告のために
病院のレシートは
しっかりと保管しておいてください。

日ごろからのまめな保管が
大切です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る