ハロウィンメイクの肌荒れ対策の方法。大人だけでなく子供も。

ハロウィンメイク
スポンサーリンク

ハロウィンの仮装にかかすことのできない
さまざまなメイク。

100均などでもたくさんのメイク道具が
販売されたりして
腕がなるところではありますが
敏感肌といった人にとっては

肌荒れの心配もあると思います。

しっかりと対策をして
仮装パーティーを楽しみたいところですね。

スポンサーリンク

ハロウィンメイクの肌荒れ対策に!

肌を当日までに整える

仮装をする当日までに
肌の調子を最高の状態まで整えることで
肌荒れの心配をかなり抑えることができます。

女性は日ごろからスキンケアをがんばっている方も
たくさんおられると思いますが男性は
そういったところがおろそかになりがちです。

薬局なんかにいけば
男性用のスキンケアグッズもたくさん用意されていますので
しっかりと整えておいてくださいね。

ベースメイクをしっかりとする

仮装のメイクの下地には
ファンデーションやドーランをつかって
重ね塗りをしていくようにします。

一気にぬって厚塗りの状態にしてしまうと
メイクが崩れてしまう原因にもなってしまいます。

肌荒れ対策に気をとられすぎて
仮装で失敗してしまっては
楽しめなくなってしまいます。

ファンデーションなんかをヘラをつかったりして
うすく塗っていき、スポンジなどで顔全体に広げていきます。

そのように重ね塗りしていくことによって
仮装メイクをしっかりと塗ることができて
肌荒れも防ぎやすくなってきます。

子供はとくに肌が気になるところですので
ファンデーションを選ぶ際には
子供や赤ちゃんの肌にもやさしい成分の入っているものなんかを
選んだほうがいいですね。

仮装イベント直前にメイクをする

備えあれば憂いなしといいますが
ハロウィンのメイクに限っては
直前に塗るようにしてください。

はやめに塗っておいて余裕を持って行動といきたいところですが
そうすると肌に負担が掛かってしまいます。

時間の関係でそうもいってられないという場合は
最低限のメイクだけをしておき
直前に最後の仕上げを行うようにしましょう。

クレンジングを念入りに

ここは特に重要なところになります。

メイク落としをしっかりとすることにより
肌荒れを防ぐことになっていきます。

メイクが残ってしまうと
あとで肌がすごいことになってしまうので
パーティーで疲れた体にむちをうって
最後のクレンジングを入念にやりましょう。

厚化粧だと会場ではなかなか全部を落としきることはできないと
思います。

帰宅後寝る前にしっかりと落としましょう。

子供は疲れてすぐに寝てしまう可能性もありますので
気をつけてください。

アフタースキンケアもしっかりと

イベントまでに肌を整えておく重要性は
すでに書きましたが
終わった後もスキンケアをしっかりと
しておきましょう。

まとめ

当日だけでなく直前と直後も
対策は必須となりますね。

しっかりと対策をすることで
肌のトラブルにも見舞われなくなっていきます。

気合を入れていきましょう^^

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る